メンズウィッグの洗い方・手入れの方法

メンズウィッグを使っていると、当然洗うことが必要となってきますよね。いくらカツラだとしても、しっかり洗わないと匂いが残りますし、当然傷んできます。そこで、今回はウィッグの正しい管理方法と洗い方について紹介します。当然難しいことはないので、初心者の方も実践できるものに限定して紹介しますね。長持ちさせるために、手入れはしっかり行いましょう。

(関連記事)襟足ウィッグの通販専門店

普通に頭を洗う感覚で良いの?

まずは洗い方に関してですが、これは普通に洗う感覚で良いです。ただ、頭に装着したまま一緒に洗うと、どうしてもムラができてしまうし、しっかり洗えているかどうかも分かりません。基本的に洗う時は、頭から外して洗うようにしましょう。洗い方に付いては、まずはお湯でしっかり汚れを落とす感覚ですすぎます。その後、シャンプーを使って泡立てて浸す感じで数十秒〜数分放置します。その後は、しっかりとシャンプーを洗い流すだけで大丈夫です。

管理はどうやれば良いの?

管理に関しては、火気厳禁ということだけを覚えておけば、大丈夫だと言えますね。その他、ウィッグは一応形状を保つように設計されているのですが、降り曲がったまま保管しておくとクセができてしまうので、その点は注意しておきたいですね。管理する時はスタンドなどに立てておくことをおすすめします。ウィッグはいろいろとしやすいので、そういう意味では使いやすいのではないかなと思います。

クシでとく時は?

クシで髪の毛をとく時は、力に任せてとかないように注意してください。普通の髪の毛と違うので、力に任せてしまうと壊れてしまいます。ウィッグが壊れてしまうと意味がありませんからね。管理に関しては丁寧に扱うことを心掛けて使いましょう。

更新情報

ページ上に戻る

MAIN MENU

運営者情報

ウィッグFactory

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加